きちんとしたお金の使い方を知っている!

私がまだ大学生の時、バイト先で出会ったのが今の旦那でした。

 

 

当時、私は19歳で、彼は35歳のいい大人。

 

それまで同世代の男性としか付き合っていなかった私は、彼が悠々と車を運転してドライブに連れて行ってくれたり、ねだったものをすぐ買ってくれたり、かっこいいお店に食事に連れて行ってくれる姿にいとも簡単に落ちました。

 

 

旦那の尊敬できるところは、それらを無理なく自然にやってくれること。

 

青春をバブルと共に過ごしたからなのか、サプライズでケーキを買ったり私が見ていただけのアクセサリーをさっと買いに行ってしまったりと、あまりにもお金の使い方に躊躇がないので最初はちょっと驚いたくらいでした(笑)。

 

 

でも、もちろん浪費家だったり際限なくお金を使う人だった訳ではなく、将来を見越して当時していた仕事以外に副業をいくつか持っていたことが、のちに判明。

 

お金を自由に使う余裕もそこから来ていたのです。

 

お子様だった私は、そんな経済観念にイチコロ。

 

すぐに結婚を決めました。

 

 

結婚後、そんな旦那が、珍しく「欲しいものがあるから買いたい」としおらしく私に相談した日がありました。

 

基本的にお金の使い方は旦那に任せているので「何だろう?」と思ったら、最近ハマっているアメコミのフィギュアとそれを置く棚を買いたいとのこと。

 

普段とのギャップにその時はさすがに笑ってしまいました。

 

普段しっかりお金の使い道を考えてくれてる分、どうぞ自分の趣味にも自由にお金を使ってください!
「無駄遣いはしないが、家族や将来など使うべきことにはきちんとお金を使う」がモットーの旦那。

 

欲しいものは数あれど、不景気の影響でずっとガマンを強いられるのが普通だった私には眩しいばかりです…。