偶然の出会いは必然だった

私が彼に出会ったのは、偶然の出会いでした。
私がアメリカ人と南アフリカ出身のお友達とバーで飲んでいました。
アメリカの友達は日本語が堪能なのですが、南アフリカの友達は、日本語が全くできないので、3人は、英語で会話していました。
楽しくて大盛りをしていましたが、南アフリカの友達は次の日が早いということで、先に帰りました。
その子の席が空いたので、マスターが、その隣に座っていた男性2人に席をつめてもらうように言っていました。
2人は席をつめて、私の隣になりました。
私たちはそのまま英語で会話していたのですが、突然、そのつめてきた2人のうちの1人が、英語で話しかけてきました。
私たちは、今度は日本語でその人に、「英語話せるの?」って聞きました。
その人はオーストラリアにしばらく住んでいたらしく、英語が話せるとのこと。
それで英語でまた4人で大盛り上がりしていました。
話しかけてきた2人は、楽しかったらしく、私に名刺をくれました。
その名刺を見て、とある組織が書いてあったので、すごいと思い、後日、メールを2人にしました。
それで、また2人と大盛り上がりし、また3人で会うことになりました。
3人で飲みに行ったのですが、帰りが遅くなったので1一人が送ってくれました。
帰っている最中に釣りの話になり、釣りに行ったことがないから、連れて行って欲しいと頼んだところ、連れて行ってくれました。
そんなことを繰り返しているうちに、お互い自然に一緒にいるようになり、いつの間にかつき合っていました。

あのとき、英語で話していなかったら、あのとき、南アフリカの友達が帰っていなかったら、この出会いはありません。
偶然の出会いは必然でした。