当たり前になりつつある出会い

今の時代は小学生から携帯を持つ子がいて、高校生でもほとんどの子が携帯を持っている時代です。

 

Facebookやtwitter、LineなどのSNSも多く存在し多くの人との交流が可能で、実際には会った事のない人とお友達になる事が可能な時代になりました。

 

私自身、ネットで出会い恋愛をし結婚しました。

 

私の周りの友達にもFacebookを通じ外国の人とお友達になり、それから恋人へ発展した人もいます。

 

なのでネットでの出会いに関しては ’あり’ だと言いたいです。

 

でも、私も何度か経験をしましたがネットで出会うと何故か現実よりも早く相手に恋をしやすいんです。

 

現に会う以前に、世間話を少ししただけで「好きになった」という人が多かったです。

 

私の場合は今の主人を好きになるまでにだいぶ時間がかかったため、そうやってすぐに人を好きになってしまう人を理解できないのですが、それも人それぞれです。

 

 

しかし、SNSで出会い付き合ったがフラれてストーカーになり殺害したという事件や、ネットで出会い初めて会った日に相手を車で引きづり回したという事件を目にしました。

 

SNSの発達とともにこのような事件が年々増してきているような気がします。それも若い子が被害に遭うケースをよく見かけます。

 

そんな悲しい事件を目にするたびに、「自分もネットでの出会いだったけど運が良かっただけだ。もしかしたら自分も同じ目に遭っていてもおかしくない」と心底思います。

 

もし、周りの大切な人たちがネットでの出会いに踏みこもうとしたら、自分の事は棚に上げてという訳ではありませんが、きっと一度は反対しとめると思います。